査定は必須!?マンションの売却を行うなら

マンションの査定について

マンションの売却を行う前に査定をするのは基本ですね。査定は事前にマンションの価値を知る手段で、多くの人は専門の仲介業者に依頼したり、不動産業者が用意している情報などを頼りに行うものです。いろいろな業者に査定を依頼する人も多く、そうすることでより高く売却できることもあります。所有するマンションの相場を理解していると、査定価格が適切かどうかの判断ができるようになります。高い物件ほど慎重に行動しましょう。

仲介業者の違いについて

仲介業者は非常に多く、どこを選ぶかで売却時の手数料に差がでることもあります。仲介手数料無しのサービスもありますが、前提としてマンションを高く売却することを優先させましょう。仲介業者の実績はインターネットでも把握できる場合があります。マンションの価格によって手数料が変わるといったこともあるので、きちんと話し合い後々もめないように気を付けましょう。ちなみに、査定の時点では手数料は発生しないのが一般的ですよ。

マンションの価値が変わる理由

予想よりもマンションの価値が低いということはよくあることです。これは土地価格相場の影響もありますし、マンション自体の価値が下がるというケースもあります。中古マンションで稼ぎたい場合は売るか、賃貸業に使うかですが、どちらの場合も早めに行動したほうが良いです。ただし価値が下がった後でもリフォームを行えば有効活用は可能です。実際古いマンションをあえて購入し、その後改築工事を行って高値で売却といったケースは少なくありません。

マンションの売却を行う場合には、複数の不動産業者に見積を依頼して、その中から1番高く売却することができるところに決めることが重要なポイントです。

2016年4月23日