マンションで不労所得の獲得!思い立ったが吉日

マンション収入は不労所得

不労所得を得られるようになりたいと考えたら優れているのがマンション経営です。マンションを購入して賃貸経営をすることにより、定常的に家賃収入を得ることができます。経営という側面があることから労働を伴うのではないかと考えるかもしれません。しかし、その労働の部分は業務委託をできるため、仕事というほどの負担を感じることなく経営をすることができるのです。不労所得を得る方法としてマンション経営を考慮してみましょう。

始めるなら思い立った時

マンション経営を始めて不労所得を手に入れようと思い立ったら、その時が始めるのに適しています。早めにスタートを切るのがマンション経営のポイントだからです。マンションを購入するときにはローンを組む必要が生じるでしょう。そのローンの返済は収入があるうちに終えておくのが無難だからです。完済してしまえばもうローンの支払はないため、家賃収入のほとんどを収入にできるようになり、たとえ他に収入がなくても生活できるようにすらなり得るでしょう。

経費がかかることには注意

マンション経営をして不労所得を得ようというときに、家賃収入の全てが不労所得になるわけではないことも忘れてはなりません。経営をする上では経費が必ずかかります。マンションの管理費用や修繕費用に加えて、固定資産税や都市計画税などもかかるので経費を払った残りが自由に使えるお金だという認識を持ちましょう。マンション経営をしていて破産になるような事態に陥らないためにも必要になる経費を先に試算しておくのが安心です。

マンション経営をする上で気を付けたいのが空室リスクです。空室率が高くなりすぎると、年間利回りが大きく下がってしまいますから、常に部屋を埋めるための努力が求められます。

2016年12月22日